読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポン吉さんの趣味日誌

好きなことを徒然なるままに・・・

動体撮影をする者として感銘を受けた言葉

中野耕志さんというすっっごい写真家がいます。

写真も素晴らしいけど、経験に裏打ちされた言葉がとてもカッコいい。

飛行機写真を撮られている方なので、私のような素人でもとても感銘を受けます。

 

いくつか紹介します(`^^´) 

ドラマチックなヒコーキ写真を撮るには日の出前後と日没前後が良い

太陽高度の高い夏場は、機体に光線が回らない。なのでざっくり11時~13時は画にならないのであきらめる。

 

連写しても、狙った瞬間が「1枚目」に撮れてなければダメだと誰かが言ってました。

 

連写時はせいぜい3コマずつくらい。1秒間も押しっぱなしにすることはあまりないかな。フレーミングが乱れるから、2~3カット切ってはフレーミングし直す感じ。

 


ズームの画角も、連写性能も、あればあったで便利だけど、無きゃ無いでなんとでもなるもの。「全部撮る」必要なんて無いから、「これだけ撮る」って気持ちで撮るとよいのかも。

 

 飛行機や車など動体を屋外で追いかける人は、感じるところがあると思います。

心がけているけど・・・・なかなか~難しい (*´м`*)

 

ここでつたない私の写真を一枚

f:id:ponkichi787:20141028204636j:plain

撮影:2014.9.14 ニコンD610 + シグマ24-105mm F4 DG OS HSM 

確かに日中に撮影していたら何の変哲もない1枚

夕暮れ時が、一番空が青く深くなることは、私のような初心者でも経験しています。

 

” ドラマチックなヒコーキ写真を撮るには日の出前後と日没前後が良い ”

 

まさにそのとおりだなぁー

機会があればまた紹介します。