読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポン吉さんの趣味日誌

好きなことを徒然なるままに・・・

築城基地航空祭2014 今更ながら現像しました(*´?`*)

 

デジタルカメラの沼にはまって、早くも3年目。

私にとって、その魅力のひとつは、RAWで撮影した写真を現像すること。

コーヒーを飲みながら、そして大好きな音楽を聴きながら撮り溜めた写真を現像する時間。

撮影と同じくらい大好きな時間がそこにあります。

 

今回は、昨年の築城基地航空祭で撮影し、まだ現像していなかったものを紹介します。

 

f:id:ponkichi787:20150623215443j:plain

撮影 NIKON D610 +TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)

f:id:ponkichi787:20150623215444j:plain

撮影 NIKON D610 +TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)

撮影機材は、ニコンD610。

RAWで連写すると、すぐにバッファが息切れを起こします。

そのことでシャッターチャンスを逃すことも・・・(‐∀‐;;

しかし、RAWで撮影しないと、後で待っている現像の楽しみが半減してしまう。

そのためには、多少のシャッターチャンスを逃すことはやむを得ない。そう考えます。

 

f:id:ponkichi787:20150623215445j:plain

撮影 NIKON D610 +TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)

といいながらも、隣で機関銃のようなシャッター音の唸りを上げているキヤノン機の横で、数枚の連写で息切れを起こしている我が愛機。

JPEGで撮影したら、もうちょっとはマシかも・・・なんて考えることもありますが、あくまでRAW撮影 (; ・`д・´)

 

f:id:ponkichi787:20150623215447j:plain

撮影 NIKON D610 +TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)

当時の感動を当時の印象に近づけてくれるRAW現像。

現像で追い込んでいくみたいな技術は、未熟な私にはまだありません。

現像で作品として仕上げていく・・・みたいなことを一人前に言えるようになりたいなぁ~。

 

f:id:ponkichi787:20150623215446j:plain

撮影 NIKON D610 +TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)

いくら現像で追い込むことが出来ても、最高の環境で撮れた写真にはかなわない。

基本は撮影するときの努力とコンディション次第なんですけどね ( ´∀`)

 

f:id:ponkichi787:20150623215449j:plain

撮影 NIKON D610 +TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)

発売されたばかりのD7200は、7DⅡとは比べものにならないものの、D7100に比べRAWの連写に強いとか。

う~ん、魅力です。

航空祭シーズンまでにはヘソクリを貯めて手に入れるぞ!