ポン吉さんの趣味日誌

好きなことを徒然なるままに・・・

美保基地 航空祭2017に行ってきました (v´∀`) ①

 

 5月28日、美保基地航空祭2017に遠征するため、鳥取県まで遠征してきました。

 長崎から鳥取までは、片道約600キロ、車で約7時間の行程。

 妻はその日仕事だったので、一人旅となります。

 

 長崎道、九州道を通り、九州を出た後はひたすら中国道を東進します。

 相棒アクセラとの遠出は久しぶり。

 日ごろのしがらみを忘れ、もくもくと森に囲まれた中国道を走るのは気持ちよかった~ ( ´∀`) 

 午前8時過ぎに出発して、途中休憩しながら、宿に着いたのは午後4時頃。

 周囲からは、「鳥取まで行くんですか?!」と驚かれたけど、行ってみると大したことありませんでした。

 なにより行動しようと思い立つことが大事ですね~。

 

 米子市はホテルが予約で一杯だったので、お隣の県である島根県の安来市に宿泊しました。

 安来市のホテルから美保基地までは約40分です。

 

 ネットで見てみると、美保基地内に特設駐車場が開設されるとのこと。

 駐車場の開場時間は、午前7時です。

 2000台収容可能とありますが、6万人集まる航空祭に2000台というのが、多いのか少ないのかわかりません。

 初めて参加するときは、余裕を持った行動が原則です。

 午前6時にホテルを出発し、午前6時40分に特設駐車場に到着。

 途中、まったく渋滞していませんでした。

 駐車場が開場していなかったため、10分程度並びましたが、開場するとスムーズに駐車場に入れました。

 駐車場は終始余裕があったので、あわてる必要はなかったようです。

 美保基地航空祭は参加しやすい航空祭として有名です。

 駐車場に停めやすいなどがその理由なんでしょうね。

 

f:id:ponkichi787:20170529093744j:plain

撮影 NIKON D610 +AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED  

  特設駐車場に到着すると、有名な「廃バス」が目の前にありました。

 先に見える会場までは、シャトルバスに乗らなければなりません。

 美保基地航空祭を撮影したブログでよく見る廃バス。

 会場に向かうシャトルバスに並んでいましたが、廃バスが目の前にあるということは、みんな会場に向かわずに特設駐車場から撮影していたということ。

 確かにエプロンからは逆光になります。

 天気は雲ひとつない晴天。会場で撮影すれば、逆光で飛行機が黒め焦げの写真を量産することになる。

 新田原の失敗が脳裏をよぎります。

 シャトルバスに乗るのを止め、駐車場に陣取ることにしました。

 

f:id:ponkichi787:20170529093745j:plain

撮影 NIKON D610 +AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED  

  午前9時、オープニングフライトが始まりました。

 駐車場に陣取った方は他にもたくさん。

 オープニングフライトを広角で撮影。

 飛行機は豆粒ですが、雰囲気は伝わるでしょ ('v')

 

f:id:ponkichi787:20170529093753j:plain

撮影 NIKON D500 +AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

 美保基地所属のYS11

 今回の航空祭がラストフライトです。

 この後、名古屋小牧空港の隣接地に2017年11月末のオープンを目指している「あいち航空ミュージアム」へ寄贈される予定とのことです。

 YS11は、1962年に日本の航空技術陣によって開発された戦後初の国産中型機。

 さすがにエアラインからは引退していますが、自衛隊では現役。 

 当時、世界一頑丈といわれ、信頼性も高かったことから、現在まで使用され続けたのでしたょう。

f:id:ponkichi787:20170529093748j:plain

撮影 NIKON D500 +AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

f:id:ponkichi787:20170529093749j:plain

撮影 NIKON D500 +AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR 

老体に鞭打って、激しい機動を披露してくれるYS11
普段は気にも留めていませんでしたが、いなくなると思うとさびしいもの

おやつのカールと同じです。

 

楽しかった美保基地航空祭2017

数回に分けてお知らせしまーす (´▽`)ノ