ポン吉さんの趣味日誌

好きなことを徒然なるままに・・・

長崎ランタンフィスティバル 

 

久々のブログ更新です。

連日の飲み会と年度末のドタバタ、息子のクラブのお別れ会の準備と目の回るような忙しさです。

 

今回もアクセラネタで行こうと考えたのですが、先日終了したランタンフィスティバルの写真を撮っていたので、あまり時間が経つと機を逸してしまうと考え、今回はこの話題にします (* ´ ▽ ` *)ノ

f:id:ponkichi787:20150311145123j:plain

撮影 NIKON D610 +SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

『2015長崎ランタンフェスティバル』が、2月19日から3月5日までの15日間にわたり開催されました。

長崎ランタンフェスティバルは、中国の旧正月(春節)を祝うための行事

もともと「春節祭」として長崎新地中華街を中心に行なわれていましたが、平成6年から規模を拡大し、長崎の冬を彩る一大風物詩となりました。

f:id:ponkichi787:20150311145125j:plain

撮影 NIKON D610 +SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

期間中は天気に恵まれませんでしたが、今年は史上最多だった13年の101万人に続く92万人の集客数だったそうです。

私が撮影したのは、2月24日。

嫁さんと子供を連れて、夜から遊びに行きました。

f:id:ponkichi787:20150311145124j:plain

撮影 NIKON D610 +SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

長崎新地中華街の入り口、銅座川の水辺にランタンがユラユラと映って幻想的。

この日は、滅多に活躍しない「SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM」をカメラに装着し、スナップ感覚で撮影してみました。

f:id:ponkichi787:20150311145126j:plain

撮影 NIKON D610 +SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

こちらがメインオブジェ「天馬奔騰(てんまべんてん)」 

天馬とは天帝が乗る馬のこと。馬は走ったり飛んだり「勢いがきわめて盛ん」と縁起がいいようです。

 

このオブジェ、とても巨大で、単焦点レンズで撮影するには、後ろにさがらないと全体を撮影できない (・∀・;)

普段ズームレンズばかり使っているので、自分が動かないといけないことに慣れていません (`-д-;)ゞ

f:id:ponkichi787:20150311145127j:plain

撮影 NIKON D610 +SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

長崎新地中華街に入ります。

平日の夜なのに、結構な混雑でした。

 

f:id:ponkichi787:20150311145128j:plain

撮影 NIKON D610 +SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

頭の上にはビッシリとランタンが吊られ、極彩色の光に染まります。

飽和するような赤です。

 

f:id:ponkichi787:20150311145129j:plain

撮影 NIKON D610 +SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

ランタン以上に私を魅了したのは、路地の出店でした。

湯気と匂いについつい惹き付けられます。

嫁さんから「ダイエット中やろ~(ギロリ)」ときつい一言。

 

f:id:ponkichi787:20150311145120j:plain

f:id:ponkichi787:20150311145135j:plain

撮影 NIKON D610 +SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

途中、龍踊りの龍と遭遇しました。

近くで見ると迫力あるなぁ~

 

f:id:ponkichi787:20150311145133j:plain

f:id:ponkichi787:20150311145132j:plain

撮影 NIKON D610 +SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

メイン会場に到着

人が多くて前のほうに行く気にはなれません。

ステージでは雑技団の演技があっていて、会場は盛り上がっていました。

 

f:id:ponkichi787:20150311145131j:plain

撮影 NIKON D610 +SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

猪八戒のランタンを見て、息子が「お父さんだー」って、おい!

 

中国の美的センスは日本人とちょっと違っていて、何だか新鮮でした。